名古屋でボトックス注射を体験した時のこと

ボトックス注射を打つことにより解決が可能!

骨格に関しては、なかなか自力で小さくすることはできませんので、美容整形外科ならば何とかしてくれるに違いないと考えて、藁にもすがる思いで美容整形外科のホームページを見たわけです。
そこでわかったのは、顔が大きい場合には体脂肪などが付いていなければ、筋肉が発達して大きく見えるということでした。
つまり、食べるときに顎の筋肉が発達してその筋肉が顔を大きくみせているとのことでした。
顔の大きさで悩む人の全体の9割ぐらいが顔の筋肉により顔が大きく見えており、残りの1割は骨格によるものだそうです。
実際どちらが原因で顔が大きく見えているのかは自分ではなかなかわかりませんでしたが、どちらもあり得るとは感じていました。
もし、筋肉が発達して顔が大きく見えているようならば、ボトックス注射を打つことで解決できるとのことでした。
一方で、骨格が発達しておりそれが原因で顔が大きく見えるならば、エラ削りをしなければなりません。
エラ削りは、ボトックス注射と比較した場合に費用が何倍もするだけでなく、手術もかなり大掛かりになります。
全身麻酔をしなければならず、しばらくお風呂や運動などはできないと知ったときは、少し驚いた記憶があります。
思い切って美容整形外科のカウンセリングを受けてみたところ、どうやら骨よりも筋肉の発達が原因で顔が大きく見えるとのことでした。
筋肉の発達により顔が大きく見える場合は、ボトックス注射を打つことにより解決が可能になります。

顔が大きく見える原因とは | ボトックス注射を打つことにより解決が可能! | 時間がかからずに終わるのでラクチン